読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るべるのまったり何かする日記

まったり記事を投稿したりそこそこコメント返すまったり日記です。「太鼓の達人」や「CSO」の事などいろいろ書きたいと思います!

台風12号、温帯低気圧に変わるものの、北海道でも大雨

台風12号から変わった低気圧と台風13号の影響で、北海道では一部で降り始めからの雨量が400ミリを超える大雨となっています。北海道では6日夜にかけて激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本海にある台風12号から変わった低気圧と東の海上の台風13号の影響で、北海道では南西部を中心に大気の状態が不安定になり、5日夜遅くから6日朝にかけて断続的に激しい雨が降りました。この時間、各地の雨は小康状態となっていますが、今月1日の降り始めからの雨量は太平洋側の多いところで400ミリを超え、大雨となっています。北海道と岩手県、それに台風12号で大雨となった奈良県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。また、北海道では川が増水して洪水の危険性が高くなっている地域があります。強い雨雲はゆっくりと北東へ移動し、北海道の激しい雨はほぼ峠を越えましたが、6日夜にかけて局地的に1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。これまでの雨で地盤が緩んでいるおそれがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの突風にも注意するよう呼びかけています。


NHKオンライン より引用


僕が住んでいる北海道札幌市手稲区では小学校が臨時休校になったそうですがそれほど雨は降りませんでした。
しかし家庭菜園をしている家の庭は前日からの突風で大打撃を受けました。